2010年02月19日

KIN212:黄色い自己存在の人

DSCF1970.JPG

今週土曜日のお野菜はお休みです。
3周年のキャンペーンは今月一杯です。→こちら

写真は、去勢手術後のカラーが取れてはじけたように元気に走り回る清君。手術を境に夜中の絶叫がピタリと治まって、私も朝までぐっすり眠れるようになった。

1週位前に朝のラジオでちょっとだけ聞いていたシマウマの移送が本格化したらしい。干ばつで草食動物が激減しているケニアに、ライオンやハイエナが家畜や人間を襲うおそれがあるとして、シマウマやヌーを大規模に移送するというもの。
餌がないところに草食動物を放して、どうするつもりなんだろう。
一時的に肉食動物のお腹を満たしたって、どうにもならないことなんか、誰が考えてもわかりそうなものなのに。
それだけの費用と労力をつかうのだったら他に方法はないのだろうか?
もっと長期的に物事を捉えることができなかったのか?
苦渋の選択だったに違いないと思うけど、このことに関しては憤りと悲しみで胸が張り裂けそうになる。

いつまでこんなことを繰り返すんだろう。
地球は私達人間だけのものじゃないのに。


posted by momopi at 01:22| 福岡 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。こんにちは。フラワーエッセンスカテゴリからたどり着きました。
私も、このニュースにやるせない気持ちになりました。
干ばつも、ある意味絶滅も、すべて、自然なのに、と思います。
人間が手を加えて、自然を調整しようとしても、いつもアンバランスになるばかりで、解決にはならないですよね・・・。
よく、(人間の)害になるといって野性動物を駆除したりとかニュースで見ますが、本当、人間だけの地球じゃないのに、自分たちの都合でしか行動してなくていつも腹が立ってしまいます。。。そして哀しいですよね。
急にコメントすみません。でも、同じ気持ちの人がいたー!ってちょっと嬉しくなっちゃいましたv

猫ちゃん、かわいいですねー♪
Posted by ミユキ at 2010年02月20日 02:40
ミユキさん
はじめまして。
そして書き込みありがとうございます。
私も天災は仕方がないと思えるんですが、こういうニュースはいつまでも心に残ってしまうんです。
ゴースとチェリープラムが混ざった気分です。
Posted by momopi at 2010年02月20日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。