2010年12月31日

来年も宜しくお願いいたします。

DSCF2510.JPG

晴れたり曇ったり吹雪いたりの大晦日。

年賀状を作成せねばと、純正品じゃないプリンター用のインクに変えたら認識せず・・・
来年はせっかくのうさぎ年なのですが、年賀状はどなたにもお出しできません。。。写真はピンボケしているけど、来年5歳のレイちゃんから私に代わってお詫びと「来年もよろしくお願いいたします」のご挨拶です。

今年は春からたくさんの変化のあった1年だった。

4月にうさぎさんを亡くし、それと入れ違いで長年お外で暮らしていたネコさんが新しくやってきて、慣れてきたと思ったら、去年の保護時からわかっていた黒猫の清の白血病の発病。

発病してからの平均生存は6ヶ月といわれていたのだけど、抗がん剤のお薬がよく効いて、胸の中にできていた大きな腫瘍は消え、血液検査も毎回正常だった。
だけどお薬もだんだん効かなくなってきて、元気なのは週のうち2,3日で気がついたら体重もずいぶん減っていた。
そして頭の中に腫瘍が転移してしまっていたようで一昨日の夜中に息を引き取った。

最後は筋肉が痙攣して、体小さく震えた状態が続き、その間に癲癇様の発作が何度も現れ、お水ものどを通らなくなってしまったし、腫瘍で片方の眼球が突出して、正常なもう片方の目は眼振がひどかった。

発作の合間にふっと眠っているようで、意識が少し戻ると私を探して声にならないような声で私を呼ぶ。触ったり、声をかけて近くにいることを知らせると安心するんだけど、すぐに発作で苦しむ、という2日間だった。

動物は死ぬ時期を自分で決めると言われている。
飼い主さんの覚悟ができて、それを受け入れる準備ができたときに息を引き取ると。

私が不安や心配を来年に持ち越さないように、と考えたのかな。

こんなことがあった年末だけど、楽しいことや多くの方との出会いもたくさんあり充実した1年だったように思う。

今年お世話になった多くの方々へ、本当にありがとうございました。

そして来年もよろしくお願いいたします。
posted by momopi at 18:48| 福岡 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

KIN251青い自己存在の猿

DSCF2472.JPG

私の住むマンションは築年数が結構経っているので、数年前から給水管の再生工事といって、さびがついた給水管を取り替えるのか?それとも管の中のさびを研磨してコーティングするのかを検討していて、後者のほうの工事がうちは昨日と今日の2日間で行なわれている。

玄関から直径5cmくらいのホースが、キッチン、お風呂、洗濯機、洗面所、トイレ、ベランダのガス給湯器と水周り全部に繋がれて1日中ゴウゴウと音を立てていた。

玄関とベランダはホース分開けっ放しで、業者さんがひっきりなしに部屋に入ってきて、今日も大変だったけど、消防点検も今日で、ゴチャゴチャとしたものを隠す場所がなくて事前の私の部屋の掃除が大変だった。
そして1日半、お水が使えないとのことだったので、鍋という鍋に水を汲み置きしていたら、延長蛇口を用意してくれていて、各家庭の水道メーター付近から直接水が流れるようになっていた。
玄関を開けてホースを室内に入れなくちゃいけないんだけど、結構長いので、ベランダの水洗いが出きちゃいました!

DSCF2484.JPG

便座も継目が割れていたので、今回は白い木製便座に交換した。
これは結構簡単で30分もかからずに楽々一人で取り替えられた。

DSCF2475.JPG

でも1番の心配は猫が脱出しないかということ。

玄関のピンポンがなったら、防空壕にでも逃げ隠れるがごとく散ってしまって、誰がどこにかくれているのかわからない。

この寒いのにトイレを我慢して膀胱炎にでもなったら困る、と思って隠れていそうなところにトイレを点在させたけど、工事が終了する夕方まで誰も出えてこず、今頃になって遊び回っている。

写真は押入れの中のナスちゃん。
ちょうど良いかごを見つけたみたいですっぽり納まっているけど、かごの中身はどうしちゃったのだろうねぇ。

DSCF2481.JPG
posted by momopi at 01:11| 福岡 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

終了 アロマセミナー2010 in 福岡

DSCF2455.JPG

今日は、博多駅前の福岡ファッションビルで行なわれたアロマセミナーin福岡にクラフトコーナー(バスボムとルームスプレー)担当で行ってきた。

こういうイベントって、参加する側よりもやってる方が断然楽しいのかも。

担当時間が夕方からだったので、早めに行って色んなブースを見学しようと思っていたのに、あまりのお天気のよさに負けて、洗濯したりお布団干したりしていたら予定を大幅に遅れて到着。

今回は、アロマの業界ではとっても有名な佐々木薫さんと解剖生理学の野見山さんのセミナーを受けることも楽しみののひとつで、遅れて到着したので佐々木さんのセミナーは後半30分程度、野見山さんのセミナーは最初の30分程度しか聞けなかったけど、凄くたのしかった。

解剖生理学というとなにやら非常に難しそうな感じがするし、実際に勉強となると読み方がわからない体の部位や、聞いたことはあるけどどんな働きをしているのか知らない臓器なんかもたくさんあってチンプンカンプンなんだけど、野見山さんのセミナーはとっても楽しかった。

最初の30分しか聞けなかったので、後半はどんな話だったのかわからないけど、心と身体は繋がっているというワークで、身体を動かしながら誰にでも体感できるような簡単なもので、アロマを知らなくても、身体や心について知らなくても楽しみながら心と体のつながりを体感できたのではないかと思う。

このワークは色んな場面で使えそうです♪

DSCF2452.JPG

↑この写真はラベンダーの精油を水蒸気蒸留法で抽出しているところ。
精油の抽出方法は柑橘系の圧搾法、バラなどの有機溶剤抽出法、最近の新しい超臨界抽出法、そして多くの精油がこの水蒸気蒸留法で抽出されている。

実際に見てみると、沢山の量のラベンダーから大量にとれるのはフローラルウォーターといって、蒸気が冷めたハーブウォーターでその上にほんのわずかポツポツ浮いているのが精油。
まさに植物の恵みなのだ。

肝心のクラフトコーナーは、途中でルームスプレー容器がなくなり全てバスボム作りにかわってしまってそれも材料が足りなくなって、予定よりも30分くらい早めに終了してしまうほど、大盛況だった。6,7人掛けの丸テーブルが4つあって、それが常時満席。

子供さんもお母さんに手伝ってもらいながら、自分なりに香りをブレンドして上手に作っていて、凄く楽しそうだったし、バスボムやルームスプレーを作るために並んで順番待ちをしてくだっさっている方もいて、私も楽しくて嬉しくて、帰宅してからもずっとその興奮が続いている。

仕事って、嫌なことを我慢するからお給料がもらえるものだと随分長い間思っていた。

毎日決まった時間に決まった場所で、自分の感情や体調と関係なく嫌な業務も嫌な人間関係も我慢して、1日の大半をそんな時間と場所に費やして休日だけを楽しみに毎日を過ごしていた。

好きなことを仕事にしている人が羨ましくもあり、自分には関係のない世界だと思っていた。

でも自分の好きなことに費やす時間が増えていけばいくほど、嫌なことの我慢が出来なくなってしまった。

今日改めて好きなことを仕事にして毎日過ごしている自分に気がついた。

自分が好きなことを仕事にしていると、そういう方とばかり知り合いになって、益々仕事が楽しくなるということにも改めて気がついた。

今年も残りあとわずかだけど、おかげさまで毎日過ごせそうです。

posted by momopi at 00:22| 福岡 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。