2010年02月28日

KIN221:赤い宇宙の竜

DSCF1992.JPG

第22回のアロマテラピー検定が5月9日(日曜日)に行われます。
検定要項(お申込書)や検定テキスト、検定用精油セットなどLa cachettedeでお買い物できます。→こちら
また、検定対策に3月開始のアロマテラピー基礎講座は→こちら

明日は朝から研修と言うか講座を受講するので、今夜は早めに寝なくちゃと思いつつ、夜が更けてくるとどんどん元気になってくるのよね〜。
で、何を受けるのかと言うと、全く飽きもせずバッチフラワーエッセンスの初級講座(爆)。
去年ニールズヤードで受講したヒーリングハーブス系の講座をヒーリングハーブス社で受講する。応用コースまで終了しているのにもったいないですよ〜とも言われつつ、フラワーエッセンスに関しては同じ話を100回聞いても多分飽きないだろうって思えるくらいなぜかとっても好きなのだ。
国内で本格的にバッチフラワーを学べる所は大きく分けて2つの系統みたいなものがあり、バッチホリスティック研究会が行っているバッチ国際教育プログラムのレベル1、2、3とヒーリングハーブス社(ニールズヤードとヒーリングハーブス社)が行っている基礎コースと応用コース(アドバンストコース)でそれぞれにフラワーエッセンスを学ぶ課程が大きく違っている。
バッチ国際教育プログラムはフラワーカードや道具を一切使わず対話のみでエッセンスを選んでいくので、38種類のエッセンスをどういう場合に使うのかしっかり頭に頭にいれておかなくちゃいけないし、レベル2になると似たような感情に対するレメディの違いや実際に他者へ選ぶための模擬練習みたいなこともしっかりやる。
実践で即使えるような教育でいわば専門学校的かも。
一方、ヒーリングハーブス系は、バッチ博士がフラワーエッセンスを見つけていった順番に、どうしてこの植物がそういう感情に働きかけるのかを植物観察を通して学んでいく方法で、大学で専門分野をじっくり掘り下げる、みたいな感じかな。
どちらが良いとか悪いとかではなくて、学びの課程は違うけど、どちらも行き着くところはバッチ博士の哲学。
バッチ博士が発見したレメディを順番に学ぶことによって、バッチ博士がどういう風に感情を変化させていったのか良くわかります。

posted by momopi at 01:36| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

KIN219:青いスペクトルの嵐

DSCF1987.JPG

3月のサトルアロマテラピー入門の日程がきまりました。→こちら
そして27日の土曜日もお野菜が届きます。
28日(日曜日)は研修のためLa cachetteはお休みです。

写真は今飲んでいるフラワーエッセンス。
このエッセンスの意味をご存知の方だったら、かなり精神的に大変な状況なのね、って解釈をされると思うんだけど、ここ最近黄色が気になるので、黄色のお花のエッセンスを飲んでみようと思って飲んでいる。
・ゴース--絶望、完全なあきらめ
・マスタード--理由のない落ち込みや鬱
黄色は太陽神経叢といわれているお腹の第3チャクラに該当する色でもあるんだけど、このレメディはしっかりセンタリングさせてくれて、抜け殻みたいな状態から、しっかり心と体が一体になるのを実感している。
このレメディは暗闇に光をもたらす、とも言われていて、電気をつけたとたんに部屋が散らかっているのが丸見えた、みたいに見たくないものまで見なくちゃいけなかったりもするんだけど。私の場合は好きじゃないことに光が当たってしまって、それをはっきり自覚している感じ。
抜け殻状態にも色々あって、楽しい妄想の中に浸っている時はアイボリー色のクレマチス。過去に意識が向いている時は赤い色のハニーサックル。
黄色のお花から取れるエッセンスは他にミムラス(対処がわかっている恐怖)、アグリモニー(人に言えない心配)などがある。
気になる色のお花から作られたエッセンスを飲むって言うのも以外に的を得ていらたりして面白い。

そういえば、2月19日〜2月23日の間で、私のエネルギーの質が変わっているのがブログにUPしている写真ではっきり判るんだけど、この期間はフラワーエッセンを飲んでなかったからモルダバイト効果かも。
去年、ブログにUPしている写真からその方の過去性なんかがわかるっていうのを教えてもらって、そんな風にみていくとこちらも面白い。お昼に写した写真だからとか、夜に写した写真だからとかカメラの腕の良し悪しにとは関係ないしね。
posted by momopi at 01:26| 福岡 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

KIN216:黄色い銀河の戦士

DSCF1980.JPG

3月4月の手作り石鹸教室の日程をUPしています。→こちら
急遽、2/27(土)の予定が空いたのでアロマテラピー入門(はじめてのアロマテラピー)を行います。5月9日に第22回のアロマテラピー検定が行われます。受験を検討されている方もお気軽にどうぞ。→こちら
そしてもう1つ。セラピストガーデンと言うところに登録しました。→こちら


昨日はペンジュラムを使ったサトルアロマテラピーの講座で、そして最近は、メノーラ・シークエンス(サトルヒーリング)でパワーストーンと達と触れ合うことが多くなっていて、良く石好きの方がおっしゃる「かわいい」というのがなんとなく判るようになってきた。
それぞれに性格みたいなものがあって、大人しくて控えめな感じのするものや、やんちゃな子供みたいに小さくても元気が良かったり、妙に大人っぽい石もある。

そして夕べから久しぶりにモルダバイトが気になってペンダントを付けている。そういえば去年はホメオパシーでモルダバイトを飲んでいた時期だったかも。モルダバイトについてはネットで検索すると色んなことが書いてあるけど、う〜ん、やっぱり良くわからないのよね。
posted by momopi at 01:02| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

KIN212:黄色い自己存在の人

DSCF1970.JPG

今週土曜日のお野菜はお休みです。
3周年のキャンペーンは今月一杯です。→こちら

写真は、去勢手術後のカラーが取れてはじけたように元気に走り回る清君。手術を境に夜中の絶叫がピタリと治まって、私も朝までぐっすり眠れるようになった。

1週位前に朝のラジオでちょっとだけ聞いていたシマウマの移送が本格化したらしい。干ばつで草食動物が激減しているケニアに、ライオンやハイエナが家畜や人間を襲うおそれがあるとして、シマウマやヌーを大規模に移送するというもの。
餌がないところに草食動物を放して、どうするつもりなんだろう。
一時的に肉食動物のお腹を満たしたって、どうにもならないことなんか、誰が考えてもわかりそうなものなのに。
それだけの費用と労力をつかうのだったら他に方法はないのだろうか?
もっと長期的に物事を捉えることができなかったのか?
苦渋の選択だったに違いないと思うけど、このことに関しては憤りと悲しみで胸が張り裂けそうになる。

いつまでこんなことを繰り返すんだろう。
地球は私達人間だけのものじゃないのに。


posted by momopi at 01:22| 福岡 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

KIN207:青い水晶の手

DSCF1960.JPG

来週のサトルアロマテラピー入門講座はまだ空がございます。→こちら
そして今週も新鮮お野菜が届いてます。

今夜は私も清も随分落ついた。

昨日、マンションの水道管の清掃で会社を午前中休んだので、この日にあわせて清の去勢手術をしてもらった。
1ヶ月くらい前から発情していて、夜中にサイレンのよう声を出しながら走り回っていたので、もちろん去勢も目的ではあったけど、保護時に陽性反応が出た白血病の再検査も大きな目的だった。
手術に関してはちっとも心配してなくて、(腕がいいのはもちろんだし、麻酔が難しいうさぎさんを9歳と10歳で手術してもらったし)、夕方お迎えに行ったら、麻酔から醒めて看護師さんに抱っこして連れられてきた。傷口を舐めていたから、とカラーをつけられていた。

白血病に関してはネットで調べたり、友人の話を聞いたりしていると陰転することもあるらしいし、勝手に陰転しているつもりでいたんだけど、残念ながら今回も陽性反応がでてしまった。

去年の夏、友達のところの白血病の猫さんが立て続けに2匹亡くなった。私がうさぎの夏君の介護をしていた時期と同じ頃だったので、陰転していなかったことのショックや友達のところの2匹のネコさんや夏君の事を思い出したり、ラティスを自由に上り下りして他の猫さんと少し遊ぶことも大目に見ていたことの後悔とか、自分を責める気持ちとか色が混ざり合ってさすがに落ち込んでしまっていた。
それに清はカラーが邪魔になって上手く動けないことと、手術のせいで食欲もなく、きつそうにしていたし。
でも今日は清の食欲も随分もどって、おいしそうに餌を食べる清を見ていたら私の気持ちも随分楽になった。
白血病と言っても今発病しているわけではないし、発病しない子もいるしこれからゆっくり色んなことを考えていこう。
動物の医療に関してもどんどん進化しているしね。

posted by momopi at 01:11| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

KIN200:黄色い倍音の太陽

今日はデジカメを隠れ家アパートに忘れてきたので、写真はなし。
最近、Lacachetteに来られる方から「うちもうさぎを飼ってるんですよ〜」という話を聞いて思わず嬉しくなってます。

今日は、昨日に引き続き3ヶ月間ケースステディとしてフラワーエッセンスを飲んでもらったKさんの感想をご紹介します。

Kさんは役職付きのOLさんとヒーラーさんという2つのお仕事ををもつ多彩な方で、現在は小説を執筆中。
フラワーエッセンスのコンサルテーションモニターをお願いした方の感想お二人目。フラワーエッセンスに関してはご存知で、飲用したこともあるし、選ばれたエッセンスの意味もわかる方だった。

選び方はSさんと同様に、お花のカードである程度目安をつけたあと、ペンジュラムで確認してもらうと言うことをご本人にやってもらって、選ばれたカードからKさんの状態をリーディングするみたいなやり方でやってみた。

ペンジュラムは使い慣れてくると、時運にとってのYES,NOを教えてくれるので迷った時には助けになるし、YES,NO以外にも色んな質問をすることが出来る。
時々悪戯が入ったりすることもあるけど、去年私はこれでマリちゃんを探していた。→こちら

Kさんのケースはかなり特殊なケースで、興味深いものだった。
選ばれたレメディが、普段のKさんからはとても想像が付かないほどネガティブ度の強いもので、本当にこういう状態だとしたら、日常生活も辛いけど会社勤めなんか出来る状態じゃないんじゃないか、と思えるようなものだった。
初回のコンサルテーションを開始する1週間くらい前に、旅行に行かれたことを知っていたので、旅先で何か大変なことでも起こったのだろうかとか、目の前で穏やかにニコニコしているKさんは仮面で、心のおくは深い闇の中のような絶望感でいっぱいなんだろうか?とか選ばれたカードを説明してよいものかと迷いつつ、説明をしてみると、それは小説の主人公に必要なレメディであることがわかった。
うつの絶望感や自傷行為を思わせるレメディだったのだ。
1ヵ月後、2回目に選ばれたレメディから、主人公が元気になっているのを知る。それに混じって、Kさんのタイプレメディも選ばれた。
さらに1ヵ月後の3回目。初回ほどじゃないけどやっぱりネガティブ度の高いものが選ばれて、やはり主人公の状態を表していた。

3回目から1ヶ月経った頃、FESというフラワーエッセンスをご自分で選んでみたらやっぱり同じようなものと、他者との境界を保つためのレメディだったみたい。

-----------------------------------------------------------
ピンクヤロウは、今回はじめて使うことになって、ぴったりすぎて驚いたのですが、「自分と自分以外との感情の境界を保つ」というカウンセラーさんなんかにお役立ちなエッセンスでした。
相変わらず書いているのは今がキモの部分で、主人公が
「どうして人を信じられなくなったのか」回想するシーンです。
どろどろまで追い詰めます。まだ弱いかなぁ。もっとやらなきゃダメかなぁ?などと考えつつ。
だから、やっぱり入り込むときついですね。
でも、こうやってエッセンスが自分をガードしようとしてくれているのは本当に心強いと思うし、ちゃんとうつの人の心情に入り込めているのだという自信にもなります。変な話ですけど(笑)
----------------------------------------------------------

このコンサルテーションは対話によるものではなく、ご自身にペンジュラムを使って必要なエッセンスを選んでもらったというのがミソで、ハイヤーセルフとかガイドとかそういう存在がKさんをガードするためのエッセンスをペンジュラム経由で伝えてくれたということ。

こういうケースは私も始めてでとても興味深いものだったので、学校でも発表したら、みんなも驚いていた。

年末から今年にかけて、バタバタと忙しい時期に3ヶ月間、貴重な時間を割いてもらってケーススタディに協力していただき、SさんKさんありがとうございました!


posted by momopi at 02:43| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

KIN199:青い自己存在の嵐

DSCF1951.JPGDSCF1955.JPGDSCF1958.JPG

明日土曜日も新鮮なお野菜が届きますがお買い物できるのは16:00以降くらいからです。←せっかくお野菜が届いてもお買い物できる時間が限られているという不便さをなんんとか改善しなくちゃとは思っているんだけど〜。

今年は例年に比べてやっぱり寒いのか、例年ならお正月頃に咲く花達がやっと2日位前から咲き出した。
右のピンク色のはゴールデンカクタス、真ん中は3、4年前にお友達からもらったバニラの香りのオンシジュームで左は小ぶりだけど胡蝶蘭。
動物も好きだけど実は植物も好きなので、家の中には結構観葉植物をおいているかも。
好きといっても今まではじっくり観察したことはなかったけど、良く見るとそれぞれに奇妙な形というか芸術的な形をしているし、咲き方も散り方もそれぞれに違っていてとっても面白い。

今日は、3ヶ月間ケースステディとしてフラワーエッセンスを飲んでもらったSさんの感想をご紹介します。

---------------------------------------------------------------
父の症状も、後、1週間で退院できると聞いたので、安心しました。
土曜日に残業したとき、他の学科の事務の方から、以前の職場について、つらいことを思い出させるような言い方をされることが多々あるのですが、そういうことを聞かされた時、気づいたことがありました。
以前でしたら、その時の感情にふっと、振り戻されていました。
自分自身が、そういう過去の記憶を、思い出させるようなネガティブな言動に対して、対処できる気持ちになれたことに気がつきました。
どこにいても、私の最善をつくして、仕事をしていこうと思えたこと、少しずつですが、気持ちに変化が見られたことに気付くことができたことが、嬉しかったです。
日常の何気ない会話のなかにも、変化が感じられるようになったこと、これもフラワーエッセンスのおかげであるように思いました。
ゆるぎない自分を確立すること、他の感情に振り回されることなく、あるがままの自分を見つめることが大切であること、難しいことですが、そんな風に思えるようになりました。
---------------------------------------------------------------
Sさんのお仕事は大学の事務で、以前からフラワーエッセンスについては知識もあり飲用されたこともある。今回は久しぶりに飲んでみようかな?と言うことだった。特別にマイナスの感情があるわけではなかったけれど、毎回、ご本人にペンジュラムで選んでもらったエッセンスは深い部分に届いたようだ。この間、アロマの学校に通われたり、お父様が倒れられたり、大きな環境の変化も同時に起こっている。
物事に対してとても敏感になり、感情の開放も行われたようで、過去の辛いこと、傷ついたことを思い出して行くのと同時に、今まで眠っていたSさんらしさがどんどん表に表れてきた。

1回目に選ばれた7種類のエッセンスは、バランスが壊れてしまうと、迷ったり他人のペースに合わせてしまったり、意識が過去に行ったり未来に行ったりするような組み合わせだった。
2回目は、他人からのマイナスのエネルギーを受けないような浄化とプロテクションまたエネルギーを回復させるような組み合わせに変わった。
そして3回目は、迷ったり他人のペースにあわせるようなものは一切なく、リーダー的な資質を表す力強いレメディが選ばれている。

3ヶ月の間には、フラワーエッセンスだけじゃなく、陰から陽へとエネルギーがシフトする冬至を挟んでいることも大いに関係していると思う。3ヶ月でどんどん変わっていくSさんから私も沢山の元気と気付きをいただいた。
そしてアロマやフラワーエッセンスというお花の持つエネルギーに、より深い関心をもってもらえたことも嬉しかった。


posted by momopi at 02:07| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

KIN198:白い電気の鏡

DSCF1934.JPG

2月13日(土曜日)はフラワーエッセンスのお茶会です。急なお知らせですがご興味のある方はどうぞ→こちら

2月10日必着で提出しなくちゃいけないフラワーエッセンスの応用クラスのレポートを何とかまとめ終え、明日提出する。
レポートは 1.レメディ選びのガイドライン 2.ケーススタディ 3.レメディスタディ について比較的自由で良いんだけど、自由っていうのがちょっと難しかったかな。
ケースステディは、お2人の方に3ヶ月間フラワーエッセンを飲んでもらって感じたことや日常の変化を観察してもらった。

この3ヶ月の変化は、私にとっても貴重な体験をさせてもらった期間でご本人の了解を得ているので順にご紹介していきます。

写真は清君。もうラティスが何のためにここにあるのかわからないことになっている。この上部の隙間を自由に行ったり来たりできるようになって、マリちゃんに怒られてあわててリビングに帰ってきているところ
posted by momopi at 01:56| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。